泥棒の侵入を防ぐ特殊な中間膜入りガラス、防犯ガラス[セキュオSP]へ取替

 

皆さん、防犯対策はしていますか?防犯カメラ、警備システム、2ロック。様々な方法がありますよね 。どの方法でもそれなりに、時間を稼ぐ、ためらわせることは可能です。

しかし、本気で防ごうと思ったら、それだけでは不十分 。なんといっても、ガラスは割れ物です。その気なら、簡単に割ることができてしまいます。
慣れた泥棒がやった場合、カギまわりをドライバーを使用して割るなら、30秒。バールを使用して破壊するなら10秒もあれば侵入が可能でしょう。

もっと、安心して生活したい!安全性を高めたい!という方に最適なのが防犯ガラスです。今回は関市のK様より家族を守りたいからということでご相談いただきました。

防犯ガラスとは

 

img_bouhan-secuo2

防犯ガラスにもランクがあり、下へ行くほど貫通が難しくなります。
(日本板硝子株式会社 セキュオの場合)

  • セキュオ30(中間膜が約0.8mm)
  • セキュオ60(中間膜が約1.5mm)
  • セキュオ90(中間膜が約2.3mm)
  • セキュオSP(中間膜がポリカボネート製1.2mm)

今回は一番いい物でということで、セキュオSPへ取替させていただきました。セキュオSPはバールやハンマーを使っての凶暴な犯行にも対応可能、住宅はもちろん、店舗などにも対応できるガラスです。枚数も多く、丸2日かかっての工事となりました。

img_blog-work-k-bouhanglass3

img_blog-work-k-bouhanglass1

img_blog-work-k-bouhanglass2

パッと見てガラス上部に防犯ガラスのマークがあるのがわかります。未然に割ることをためらわせる、万が一割られたとしても、かなりの時間、耐えること可能。防犯効果はかなり高まったのではないでしょうか。

また、ガラス交換以外にも網戸の取付や雨戸板の取替なども合わせて、工事させていただきました。

K様、この度は誠にありがとうございました。