こんにちは!

前にご紹介したYKKAPさんのサッシ「エピソードNEO」がとうとう、西日本でも発売されました。

アルミサッシの「エイピア」を廃止してアルミ樹脂複合サッシ「エピソードNEO」へ。
「エピソード」と名前がそっくりなぶん、紛らわしい。何が違うの?という疑問がある方が多いかと思います。そこで、わたしが知っている範囲で違いを書いていきたいと思います。

「エピソードNEO」と「エピソード」との違い

  1. 価格
    今までの「エイピア」の価格を100%とした場合
    「エピソードNEO」が105%、「エピソード」が133%。
  2. 枠構造
    「エピソード」は上下枠の内外を樹脂にて見切りがしてある。
    対して、「エピソードNEO」の方は樹脂見切りがしていない。
    樹脂見切りがしてあると、外の熱を中に伝えにくくなり、断熱性能が上がり結露しにくくなる。

    img_blog-episodeneo2

    画像はAPW310ですが、この形材断熱の有無のことです。

  3. 障子構造
    「エピソード」は障子内部の樹脂がチャンバー構造となっている。
    対して、「エピソードNEO」の方はソリッド形状になっている。
    チャンバー構造の方が熱を伝えにくく、結露もしにくい。
    エピソードneo断面
    また、「NEO」はたて框構造の変更があり、約25%スリム化となっています。
    これにより、採光面積の拡大というメリットがある。
  4. 色のバリエーション
    「エピソードNEO」では内観色、「キャメル、ピュアシルバー、ブラウン、カームブラック」が設定されていない。

他にも部品の変更点などあるようですが、上記が大きな差かと思います。

まとめ
カタログの断熱性能の数値はどちらも、2.33W/m2とはなっていますが、枠、障子構造の違いによって、若干ですが断熱性能、結露のしにくさに違いが出るかと思います。
予算の上限が決まっている、そこまで寒暖差のキビシイ地域に住んでいるわけではない。という場合には選択肢としてはありなのではないかと個人的には思います。
以上!皆さんの家づくりの参考になれば幸いです!それではまた!