[ヤマダ硝子]岐阜のサッシ工事、ガラス工事、シャッター工事、窓の断熱、遮熱、防犯、防音、玄関の交換など。窓まわりのことなら何でもご相談下さい。

もっと詳しい、窓のこと

結露と窓から逃げる熱について

 

結露ってどうしておこるの?

結露が発生する仕組み

窓につく水滴…それはどこから発生した水なのか。実はその水滴は元々、室内の水蒸気なんです。

空気中の水蒸気は温度や湿度によって、含むことの出来る水分量が決まっています。
その水分量というのは、温度が高いほど多くの水分を含むことができます。

では、その状態の空気が冷えた窓に触れたときにどうなるか。
空気は冷やされて、含むことの出来る水分量が減ります。
その水分が窓に水滴としてあらわれてくる。これが結露の仕組みです。

結露する温度について

結露が発生する温度差についてもっと詳しく知りたい方は上記へ!

 

私の家の窓はどれくらいの性能なの?

サッシ(窓)の断熱性能の目安

※熱貫流率ってなに?

おそらくお悩みの方の多くはアルミ、単板ガラスなのではないでしょうか?

なんと、高性能なサッシと比べ約4倍もの差があるんです!

では、実際にどれくらいの熱が逃げているのでしょうか?

平均的な住宅で計算していきます。

窓面積30m2の住宅 外気温5℃ 室内温度20℃

この条件で7時間一定の温度に保った場合、次の表のようになります。

サッシ(窓)から逃げる熱量

10畳用エアコンを1時間運転した場合、約5000Wの熱量を発生します。

一番左、多くの皆様の住宅の窓は一番右の樹脂サッシと比べて3時間強分もの熱が外へ流出してしまっているのです。

 

 

見積もり無料!お電話でお問い合わせの際は「HPをみた」とお伝えください! TEL 0575-22-8471 8:00-18:00[日曜、祝日を除く]

PAGETOP
Copyright © ヤマダ硝子 All Rights Reserved.