[ヤマダ硝子]岐阜のサッシ工事、ガラス工事、シャッター工事、窓の断熱、遮熱、防犯、防音、玄関の交換など。窓まわりのことなら何でもご相談下さい。

結露が発生する温度差

結露が発生する温度と結露予防方法

 

結露が発生する温度の求め方

実は、皆さんが一度は目にしたことがある表で求めることが出来ます。

その表とは!湿り空気線図です。

中学生の頃、理科の教科書で目にしたことがあるのではないでしょうか?

結露する温度の求め方 空気線図

一番下の数値が温度、斜めの曲線が湿度です。

赤色の線をご覧ください。温度20度で湿度60%の時、結露が発生する温度を考えてみます。

温度20℃の縦のラインと湿度60%の斜めのラインの交わった点から、左側にまっすぐラインを引き、交わった点が露点温度(結露が発生する温度)となります。この場合、12℃になりますね。ガラスや窓枠が12℃以下になっていた場合、結露するわけです。

次に黄色の線をご覧ください。温度は25℃、湿度は先ほどと同じ60%なのですが露点温度は16.7℃となります。

先ほどより、露点温度が高くなってしまいました。これは、前のページの「結露とは」の項で説明した通り、温度が高い状態のほうが、空気中に含まれている水蒸気が多いために起こる現象です。

室内の暖房の温度を高く設定してしまうと、より結露が発生しやすくなるわけです。

 

最後に赤色の線にもう一度、ご注目ください。

現在は湿度60%ですが、湿度が70%に上がった場合を想定します。
その上部、青色の線です。

湿度60%の場合、12℃が露点温度でした。湿度70%になると14.4℃と高くなってしまいますよね。湿度が上がると、露点温度が上がる。加湿器の使い過ぎなどでも結露は発生しやすくなるわけです。(石油ファンヒーターも水分を発生します。)

◎まとめ

1.室内温度の設定を上げすぎず、適切な温度に保つ。

2.室内湿度を上げすぎない。適度な換気をする。

これらのことを意識していただいた上で、ガラス交換や内窓の設置、窓のリフォームをしていただくと、冬場の嫌な結露を防ぐことが出来るかと思います。

見積もり無料!お電話でお問い合わせの際は「HPをみた」とお伝えください! TEL 0575-22-8471 8:00-18:00[日曜、祝日を除く]

PAGETOP
Copyright © ヤマダ硝子 All Rights Reserved.